火葬場に到着してから

火葬、骨上げが終わり、小さな箱におさまったご遺骨とともに自宅に戻りますと、ここ数日間のバタバタが嘘だったかのように、現実の世界に引き戻されてしまいます。
無事に一連のお式が終わったという安堵感とともに、再び深い悲しみに包まれてしまうこともあるでしょう。

しかし、故人への弔いはここで終わりではありません。
これから忌明けまでは、故人は険しい道のりを進み行かなければならないです。
宗派により考え方は様々ですが、宗教はこの間にご遺族にできること、すべきことを説いています。

悲しみに打ち克つためにも、手を合わせる習慣は大切ではないでしょうか。

さて、火葬から骨上げまでの流れを確認していきます。

火葬場に到着しましたら、棺は火炉前に安置され、ご遺族は棺の小窓から最後のお別れを告げます。
僧侶による読経がはじまり、ご遺族と列席者は焼香をします。

静かに火炉に棺が入れられ、そして点火されます。

点火されますと、火葬が終わるまで1時間半程度時間があります。
その間にお食事をする場合もありますし、お茶などを飲んで休憩していることもあります。
まわりは親族ばかりですので、久しぶりに気を抜ける瞬間でもあるでしょう。

火葬が終わりますと、火炉の前で骨上げの儀が行われます。
骨上げは竹箸を用い、二人で一片ずつ拾い上げていきます。いわゆる「はしわたし」です。
お骨はまず歯を拾い、足、腕、腰、背、肋骨、そして最後に頭部を骨壷に納めます。

また舎利と呼ばれる「のどぼとけ」の部分は、故人に最も関係の深い二人でひろうならわしがあります。
また舎利だけは、骨壷ではなく別の骨袋に入れる習慣があります。

骨上げが終わると、白い布箱に納められた骨壷が喪主に手渡されます。
火葬許可証実行済みの証(埋葬許可証)をもらいご自宅に戻ります。

ご自宅に戻る際は清め塩を忘れずに!

自宅に戻ったご遺骨は、後飾り壇に安置します。
後飾り壇には、ご遺骨、ご遺影、香炉、蜀台、りんなどを置き、納骨までの間(忌中)は、この後飾り壇に御参りします。
もちろん、通夜や葬儀に参列できなかった方が訪れた場合は、後飾り壇に案内をします。

任意売却 東京 任意売却 神奈川 任意売却 横浜市 任意売却 川崎市

町田 不動産町田 ゴルフスクール

不動産 綾瀬市 不動産 海老名市 不動産 八王子市 不動産 稲城市 不動産 川崎市 不動産 町田市
不動産 相模原市 不動産 多摩市 不動産 調布市 不動産 大和市 不動産 横浜市 不動産 座間市 残業代 横浜市町田 ゴルフスクール

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。
中古マンション 東京 中古マンション 綾瀬市 中古マンション 海老名市 中古マンション 八王子市 中古マンション
稲城市
中古マンション 川崎市 中古マンション 町田市 中古マンション 相模原市 中古マンション
多摩市
中古マンション 調布市 中古マンション 大和市 中古マンション 横浜市

不動産投資 節税 不動産投資 失敗 不動産投資 利回り
不動産投資 ローン 不動産投資 物件 不動産投資 東京 不動産投資 神奈川
不動産投資 リスク 不動産投資 セミナー 不動産投資 収益物件 不動産投資 アパート マンション投資 不動産求人 町田