葬儀までの供養の仕方

葬儀までの供養の仕方

葬儀までの供養には、「末期の水」「守り刀」「一膳飯」などいろいろなことがあります。宗派や地域により異なることもありますが、ここでは、一般的な葬儀までの供養の方法について解説します。

1.末期の水
末期の水とは「まつごのみず」と読み、亡くなった故人の霊がノドが渇かないように供えるお水のことです。割り箸や新しく用意した筆の穂先に、白糸でガーゼか綿をくくりつけ、それを湯のみなどに入れた水に浸して故人の唇を潤します。元々は「死水」といって、死の間際に行っていましたが、最近では、残されたご遺族が最後のお別れをするための儀式として定着しています。順番は、配偶者⇒子供⇒故人の両親というように、血縁関係の近い方から一人ずつ行っていきます。

2.守り刀
守り刀とは、魔物などから故人を守るため、故人の胸元に短刀などの刃物を置きます。こうすることで、短刀の刃の光により邪気を祓うといわれています。ただし、浄土真宗などの宗派によっては守り刀を使いませんので、その宗派に従うようにします。

3.一膳飯
故人が使っていたお茶碗に炊きたてのご飯を山盛りにし、そこに愛用していたお箸を真直ぐ立てご霊前にお供えするものを、「一膳飯」もしくは「枕飯」と呼んでいます。お箸は故人から見て一本に見えるように立てるなど、地域などの風習にもよりやり方は異なります。また、宗派によっては一膳飯をお供えしない場合もありますので、その地域や宗派に従うようにします。

4.枕団子
上新粉を丸く作り、それを茹でるか蒸して小皿に盛ってご霊前にお供えするものを、「お団子」または「枕団子」と呼びます。お団子の数は、仮通夜の場合、一般的に6個をお供えします。ただし、地域によっては9個や13個という奇数個を山盛りにしたり、3個のお団子を平たくしてお供えしたりする場合もあり、地域のしきたりによって異なります。また、お団子と一緒に愛用していたお湯呑もお供えしましょう。お団子に関しては、宗派によっては上げないところもありますので、その際は宗派に従うようにして下さい。

◎線香とローソク
四十九日までは、線香やローソクを絶やさないようにします。これは、故人がたった一人で険しい道のりを旅すると言われ、道に迷わず真っ直ぐと仏様の世界へ行けるようローソクの明かりで照らし、線香の煙は食事になるとも言われていますので、線香とローソクを絶やさないことが供養だと言われています。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar