納棺の際の心得

納棺の際の心得

納棺は、ご遺体を棺に納める儀式のことです。納棺をする前には、湯灌などでご遺体を清めます。また、宗派により死装束を身に着け旅支度を整えてから納棺をします。 湯灌(ゆかん)は、ご遺体をお湯で丁寧に洗い清めることをいいますが、これは故人に清らかな姿で死後の世界へ旅立ってもらうという意味があります。

以前は、ご遺族の手で故人のご遺体を洗い清めていましたが、病院で亡くなった場合などは、死後のご処置として病院側でご遺体をきらいに清め、清潔な浴衣に着せ替えてくれることが多くなったため、昔のようなやり方ではなく、肌の出ている部分をご家族が清浄綿で拭き清めるという方法に替わってきています。

死装束(しにしょうぞく)に関しては、宗派によってもやり方が異なります。死装束の本来の意味は、故人が死後の世界へ旅立たれるための衣装となりますので、絶対にこのような形でなければという決まりはありません。そのため、最近では故人が愛用していた衣服を着せたり、ご遺体の上に掛けたりして死装束の代わりとすることも多くなっています。

仏教徒の場合は、死装束は四十九日の旅をする姿としてとらえているため、脚に白足袋、脚絆、手には手甲、頭には天冠(てんがん)を付け、着物として経帷子(きょうかたびら)を身に着けさせます。 ただし、宗派によっては、死後の四十九日間の旅はなく、すぐに仏の世界に行くという教えがあるため、死装束は身に着けないケースもあります。

また、経帷子は地域によっても異なり、最近では着せずに上から掛けてあげることが多くなっていますので、宗派や地域に従いましょう。

納棺後は、副葬品として故人の愛用していた品物を一緒に入れてあげます。洋服であったり好きな食べ物でもいいでしょう。ただし、火葬の妨げとなるプラスチックやガラス、金属やビン類、危険性のあるライターやスプレーなどは入れることができません。また、故人がペースメーカーを使っていた場合、爆発する恐れもありますが、通常は医師が死亡確認後に取り外してくれます。

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar