喪の期間

喪の期間

今回は“忌中”と“喪中”の意味についてお話しします。このふたつ、どんな期間で区切られて使い分けられているかご存知でしょうか。

“喪中”というのは故人が亡くなってからの1年間というのはよく知られていることだと思いますが、ではこの1年間とはどんな期間なのでしょうか。“喪中”とは、亡くなった人への悲しみに身を置き、自らを慎む期間とされています。その中でも死のけがれがあるとされ、特に慎み深く過ごすべきとされる期間を“忌中(きちゅう)”といいます。四十九日の法要が終わると“忌明け”と呼ばれるとおり、忌中は亡くなって49日までの期間をいいます。また、喪中は1周忌までの1年をいいます。

この“忌”の期間の考え方はさかのぼること江戸時代中期から存在したそうです。そこから、明治7年、太政官布告の“忌服令”より、例えば親の死の場合には“忌”の期間が50日、“服”の期間が13ヶ月、この全ての期間を喪に服すべき期間としたそうです。

さて忌中の49日間、亡くなった人の魂はどうしているのでしょうか。実は故人はこの期間にはまだ成仏しておらず、次の世の生のために7日ごとに裁きを受けているのだそうです。1度目が初七日。まずは泰広王(不動明王)が書類審査をします。2度目の二七日(14日目)に向かう途中に三途の川が流れていて、生前に比較的いいことをしてきた人は橋を渡ることができ、少し行いの悪かった人は浅瀬を、悪い行いをしてきた人は深みを渡らされるそうです。そのほとりで初江王(釈迦如来)が裁判をします。三七日(21日目)は宋帝王(文殊菩薩)が邪淫の業についての審査をし、四七日(28日目)は五官王(普賢菩薩)がはかりで罪の重さを量ります。そして五七日(35日目)に地獄を支配している閻魔王(地蔵菩薩)、いわゆるえんま大王が、水晶の鏡で生前の業績を映し出し、天・人・修羅・畜生・餓鬼・地獄の六道のどれに進むかの裁きを申し渡します。六七日(42日目)、変成王(薬師如来)が五官王のはかりと閻魔王の水晶の鏡で生前の功徳を再審査し、ついに7度目の七七日(49日目)、太山王(薬師如来)によってその判決が言い渡されるのだということです。

このため、忌中は少しでも良い判決につながるよう何度も祈りを捧げ、四十九日は忌日の中で最も重要とされるのだそうです。その後の、百日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、三十三回忌は、地獄や餓鬼道に落ちた人の再審査が行われていくそうです。遺族は罪を軽くしてもらうためなどの目的で祈り、追善供養をするのだそうです。こんな話を聞くと、日頃の自分の行いを考えさせられてしまいますね。

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar