数珠の扱い方

数珠の扱い方

数珠は宗派に関係なく、とても大切に扱われている必需品です。
葬儀や法事の際に利用する法具として知られますが、数珠を手に持ち手を合わせることで、煩悩が消滅し功徳を得られるを言われています。

本念珠と呼ばれる数珠は108個の珠からなり、煩悩の数を表しているとも言われています。またお経を唱える際に唱えた数を数えるものとしても利用されることがあるようです。

一般的に葬儀に用いられる数珠(念珠)は、単念珠といい本念珠の108個の珠に対し、その半分、3分の1、4分の1、6分の1など、それぞれ54珠、36珠、27珠、18珠などでできているものが多いようです。

本念珠は、宗派により形が異なりますので、ご自身で使用する場合には問題ありませんが、葬儀に持ち込むとなると喪家の宗派との兼ね合いもあり、あまりお勧めできません。
その理由もあり、葬儀では単念珠が多く利用されるのです。

数珠は数珠袋や念珠袋と呼ばれる入れ物に入れて持ち歩きます。
せっかく葬儀に数珠を持って参列しても、ポケットから数珠が出てきては大きなマナー違反となります。
また、テーブルの上などにそのまま置いたりするのも良くありません。

単念珠の扱い方ですが、合掌する際は、両手の親指以外の指を輪の中に通し、親指で支える持ち方をする場合と、輪のなかに左手の4本の指のみを通し、手を合わせる持ち方があります。
一般的には、両手を入れて手を合わせる方が多いように思います。

手に持って持ち歩く際は、左手首にかけて持ち歩くか、若しくは房を下に向けた状態で左手で握って持ち歩くようにします。

また最近ではアクセサリーとしてネックレスタイプの数珠を腕につけている方がいますが、派手なものでない場合、葬儀の席の数珠として失礼なものとはなりません。
通例に習い、左手首に装着するのが良いかもしれませんね。

数珠のお値段ですが、これはピンキリです。
使用される珠や仕様により値段が大きく異なります。数千円から数万円といったところでしょうか・・・

男性であれば黒壇など、女性であれば少し明るめの琥珀などの珠を選ぶのが一般的なようです。

■ 神奈川の家族葬
       
       
       
       
       
       
       
       
       

Calendar