棺の選び方と傾向

棺の選び方と傾向

棺のかたち、材質、値段などは実に様々です。
共通しているのは、火葬場の火炉に入る大きさであることと、燃えることぐらいでしょうか。

一般的に使われている棺は、およそ8万円から15万円ぐらいのものが多いようですが、実際にはその値段もピンキリで、お高いものですと数百万円もするのだそうです。

この様な棺の場合は、ヒノキなどの総天然木を使用し、棺の各面には精巧な彫刻が施されています。
出来れば焼かずに面ごとにバラして家の壁に飾りたいぐらいうっとりするものです。
これを最終的には燃やしてしまうわけですから、なんともまぁ、言葉もありません。
あるところにはあるものですね。

しかし、やはり一般的に使用されている棺は、リーズナブルなものが多いようです。
このような棺の場合は、合板の上に木目の紙を貼り付けたり、合板の上に天然木を薄くスライスしたものを貼り付けた材料を使用しています。

棺の蓋の部分には、ご遺体のお顔をのぞける程度の小窓が開いているものが多く、開閉できるようになっています。

棺の形には、かまぼこ型、角型、山型、舟形などがあります。棺の内部は、レース、ポリエステルなどの素材で白く装飾されています。

さて、特筆すべきは、棺にもエコ素材が流行していることです。
エコ棺(えこかん)と呼ばれているそうです。多くは、ダンボールを使用した棺です。火葬による有害物質が3分の1にまで減るのだそうです。

素材の上には布張りしますので、見た目的には普通の棺と遜色ありませんし、なにせ環境に優しいというのが支持されており、人気も急上昇中なのだとか・・・

すでにエコな葬儀を専門とする業者さんも現れました。

個人的にも大賛成です。
私が逝くときもぜひ、エコ棺で送ってもらいたいと思います。
残された家族やその他の人たちの住む環境のために、少しでも役に立てるのなら死ぬときぐらいは・・・

時代背景も手伝い、このエコ棺の需要はどんどん加速すると予想できますね。

■ 神奈川の家族葬
     

 

Calendar