訃報の受け答え例

訃報の受け答え例

あなたの携帯電話が鳴りました。「♪♪・・・・」
ん?見慣れない番号だな。誰だろ?
「もしもし?」

突然の訃報はこんな感じで舞い込みます。
あなたは、突然でもきちんとした受け答えをする自信がありますか?

人の死というのは、ある意味一番非現実的なことですので、その非現実的な現実を突きつけられると人は動揺するものです。
そうならないためには、知識として受け答えの作法を覚えておく必要があります。

■電話で訃報を受けた際のポイント

電話の相手は通常ご遺族です。ご遺族はご家族を失った悲しみのなかにいますので、その心情を十分に汲み取って差し上げることが大切です。
また、ご遺族にとってはなにかとバタバタと忙しいときですので、いたずらに会話を長引かせることがない様に、要点だけを伺うようにします。
間違っても臨終の様子などを詳しく聞こうとするなどは厳禁です。

要点とは、
・誰が亡くなったか
・通夜、葬儀の日程
・喪主
・宗派
などでしょうか。

■訃報電話の受け答え例

・父の死を親しい友人が知らせてきた場合
「それは大変だったね。ひとまず僕も大急ぎで向かうから何か手伝わせてよ」

・親しい方、親戚の訃報
「あまりにも突然のことで言葉が見つかりません。心身ともにお辛いでしょうに、ご連絡いただきありあがとうございます。お差支えなければすぐにでもお伺いしたいのですが・・・」

・知人の訃報
「あまりにも突然のことで言葉が見つかりません。残念なことでした。心身ともにお辛いでしょうに、お知らせいただいてありがとうございました。私も生前お世話になった故人にお別れをさせて頂きたいのですが、喪主、今後の日程はお決まりでしょうか?
---
もしお分かりでしたら宗派を教えていただけますか?」

・すぐに駆けつけられない
「お辛いでしょうにお知らせいただきありがとうございます。あいにく遠方におりましてすぐに駆けつけることが叶わないのですが、今後の日程などはお決まりでしょうか? ---
喪主、宗派もお分かりでしたら教えてくださいますか?」

■ 東京都下の家族葬

 

Calendar