お布施に関するコラム

お布施に関するコラム

葬儀社の方も心得たもので、葬儀の依頼を受けたご遺族から、
「お布施の相場は?」
と尋ねられると、きちんと相場を教えてくれます。
それが正確かどうかはわかりません。でもそれで良いのです。もともと金額は決まっていないはずですので・・・

信仰心の強い方で、熱心な信者さんである場合は、お布施がなんたるかを承知していますので、ご自身の判断でお布施の金額なども決めておられるのだと思います。

しかし、無宗教の方で、なんとなく慣習に従って仏式での葬送をお選びになったご遺族にとっては、お布施の意味、金額、相場がちんぷんかんぷん・・・
はっきりしてよ!というのが本音です。
今時、お気持ちで結構ですよ!などと言われてもピンとこないですよね。

以前、イオンがカード会員向けにお布施の相場を打ち出したことがありました。
大手がやるにはとても勇気ある決断だったと思います。
結局は削除されることになりましたが、仏教界でも賛否は様々だった様です。

猛烈に批判するグループもある反面、相場の公表を了承した寺院も数多くあったのです。

結局、今のところ相場の論議はうやむやになってしまいました。
個人的には、相場を公表して欲しい。それどころか、いっそのこと各寺院で料金表をつくっていただきたいと思うほどです。

最近では、インターネット上でお坊さんの派遣事業を見かけます。
無宗教層、実際に菩提寺を持たない方から支持されているのでしょう。
こういったところでは、お布施の金額がズバリ掲載されています。

そもそも無宗教である方たちに、宗教的な考え方で「お布施はお気持ちで」などと押し付けるのは良くありません。
無宗教の方たちにとって、お布施と呼ばれるものは、ただの葬儀費用の一部なのです。
金額を明確にするのが親切というものです。

少々短絡的かもしれませんが、お布施に関するこのような議論も、寺院の本来の取り組みでなくせるはずです。
檀家や葬式に頼らず、布教活動を通じてもっと尊い存在となって頂きたいと願います。

■ 横浜、川崎の家族葬
       
       
       
       
       
       
       

Calendar