お焼香の手順とマナー

お焼香の手順とマナー

お焼香の手順については、各宗派により様々です。
宗派によるお焼香の作法の違いには、お焼香の回数、額に抹香をおし頂くかどうか、などの違いがあります。

先に宗派が分かっていれば、お焼香の手順もその宗派に合わせれば良いのですが、宗派が分からない場合は、一般的に失礼のない方法をもってお焼香します。

また、喪家または故人に熱心に信仰していた宗派がある場合には、喪家の希望でお焼香前に「焼香の手順」の説明がある場合があります。
参列者にもそれぞれ信仰する宗派があろうかと思いますが、この場合は喪家の信仰する宗派に合わせた作法でお焼香をするようにします。

この様に宗派による違いがあるため、また失敗すると冗談で済ますことが出来ない状況であることが影響し、お焼香は緊張する!という方が多いようです。

■お焼香の作法(座礼:座って行う場合)
→順番がきたら腰を低くして祭壇の手前まで進みます。
→ご遺族に一礼。
→祭壇に拝礼。
→ひざで祭壇前に進み、合掌、拝礼。
→抹香を親指、人差し指、中指でつまみ額の高さまで頂き頭を下げる。
→抹香を香炉に落とす。
※この手順を1回~3回繰り返す。
→祭壇に合掌、拝礼。
→ひざで少し後方に退き、祭壇に拝礼。
→僧侶、ご遺族に一礼。
→立ち上がって席に戻ります。

■お焼香の手順(立礼:立って行う場合)
→順番がきたら祭壇の手前まで進む。
→僧侶、ご遺族に一礼する。
→祭壇に拝礼。
→祭壇前に進み合掌、拝礼。
→抹香を親指、人差し指、中指でつまみ、額の高さまで頂き頭を下げる。
※この手順を1回~3回繰り返す。
→祭壇に合掌、拝礼。
→後方に数歩退き祭壇に拝礼。
→僧侶、ご遺族に一礼し席に戻ります。

少々余談となりますが、
お座敷での葬儀の場合はお気をつけください。いざ焼香の順番になった時に足がしびれていて動けなくなる方がいらっしゃいます。
また、立ち上がったものの、奇妙な歩き方で進む方はもっと多くいらっしゃいます。

正座から立ち上がる際は、立ち上がる前に一度、10本の足の指の腹をすべてを床につける様にして体重をかけると、少し改善されますよ。

Calendar