無宗教葬が選ばれている理由

無宗教葬が選ばれている理由

昔はお葬式といえばお寺で行なうものでした。しかし最近は形にとらわれない様々な葬儀が行なわれています。その代表といえるのが無宗教葬であります。

葬儀に音楽があるということで雰囲気ががらっと違います。自分も無宗教葬というものを経験したことがありましてまるでイベントのような印象を受けました。

無宗教葬では音楽が流れる中で葬儀が進みます。生演奏をしてくれる業者もあるようです。生演奏であればそのシーンに応じて曲を選択してくれたり音量の調節をしてくれたりととても細かい配慮をしてくれるそうです。

無宗教葬を行うことで故人がどんな生き方をしたのか分かるような気がします。宗教にとらわれない無宗教葬で送ってあげることで故人が喜ぶかもしれません。

「献奏」を生演奏で行う『無宗教葬』

最近では、「自由葬」といわれる特定の宗教にこだわらない葬儀スタイルを要望されることが多くなりました。

その中でも特に「故人が生前に好きな音楽で送ってあげたい」というような無宗教葬のご要望が最も多いようです。

テープやCDでの演奏だけでなく、「献奏」を生演奏で行う『無宗教葬』。

無宗教葬は自由なスタイルで故人の「個性」を豊かに表わし、無宗教葬に出席した全員の人の偲ぶ心を一体にしていきます。

無宗教葬では、「人生の終わりを飾るのに適した曲で永遠の眠りにつきたい」、「忘れることのできないこの曲に包まれながら送ってほしい」など、生前予約の際に自分から曲を選定される方も多くなってきました。
葬儀について

葬儀でありながらも、その人のロマンのすばらしさを感じます。

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar