任意売却を検討したいケースについて

任意売却を検討したいケースについて

任意売却は、住宅ローンの返済ができなくなった場合に用いられる一手法です。
債権者である金融機関の了解を得た後、自分の意思で物件を売却します。 実際に任意売却を検討したいケースとして、さまざまな状況が考えられます。
まず、「会社の倒産やリストラ、世帯主の病気などで収入が大幅に減少した」という場合です。
住宅ローンの返済が困難だと判断したら、任意売却が有効です。
また、「住宅ローンを滞納することにより、連帯保証人に累が及ぶのを防ぎたい」という人も多いはずです。連帯保証人に債務返済の義務を負わせるより、任意売却で債務を圧縮するのが賢明でしょう。 さらに、「現在の住宅に住み続けたい」というケースも多く見受けられます。
任意売却なら、不動産投資家や知人などに物件を売却し、相応の家賃を支払って住宅を維持することも可能です。 それから「配偶者と離婚した後もローン返済を続けたが、もう限界である」という例もあります。この場合は自身の今後の生活を考慮し、任意売却によって債務を返済すべきでしょう。
こうした事情がある時には、任意売却の制度を積極的に活用し、新たな一歩を踏み出したいものです。"


任意売却にかかる費用は?

任意売却を行うにあたっては、通常の家の売却と同様に費用が必要となります。この任意売却にかかる費用は複雑であったり、多額となるケースもあるため事前にしっかりとチェックしておくことが重要です。

○任意売却にかかる主な費用
・仲介手数料・・・成約価格の3%+6万円
・抵当権を抹消する費用
・引越にかかる費用
・残置物の撤去費用
・税金の差し押さえ解除費用

上記は本来すべて債務者が負担すべき費用ですが、住宅ローンの返済が出来ずに任意売却行う債務者にとって、これらの費用を全て負担するのは現実的に不可能と言えます。 そのため、実際には債権者との協議を行いどの程度の費用を負担するのか決めることになるのが一般的です。
また、債権者との協議とは別に任意売却業者との交渉で一時的に引越費用や撤去費用などを捻出してもらえるケースもあります。
ただし、任意売却業者の中には後々になって多額の返済を要求してくる悪徳な業者が混ざっている場合もあるため、注意をしておく必要があります。"

東京都下(市部)】
任意売却 八王子市/ 任意売却 立川市/ 任意売却  武蔵野市/ 任意売却 三鷹市/ 任意売却 青梅市/ 任意売却 府中市/ 任意売却 昭島市/ 任意売却 調布市/ 任意売却 町田市/ 任意売却 小金井市
任意売却 小平市/ 任意売却 日野市/ 任意売却 東村山市
任意売却 国分寺市/ 任意売却 国立市/ 任意売却 福生市/ 任意売却 狛江市/ 任意売却 東大和市/ 任意売却 清瀬市/ 任意売却 東久留米市/ 任意売却 武蔵村山市/ 任意売却 多摩市
任意売却 稲城市/ 任意売却 羽村市/ 任意売却 あきる野市/ 任意売却 西東京市 任意売却 瑞穂町/ 任意売却 日の出町/ 任意売却 檜原村/ 任意売却 奥多摩町

Calendar