葬祭費、埋葬料の申請

葬祭費、埋葬料の申請

健康保険の被保険者が亡くなった場合、遅延なく保険証を変換する必要があります。
その際に、必要な手続きを行うと葬祭費または埋葬料(呼び名が違います)を受け取ることができます。
また、死亡の原因が通勤途上によるもの、または業務上の死亡である場合には、労災保険から支給されます。

葬祭費、埋葬料など、呼び方が違いますが、つまるところ「葬儀を行った方に支払われるお金」になります。

葬儀一式、寺院対応費(お布施など)、飲食代金 等々、葬儀には大変お金がかかるものです。
葬儀にかかる費用の合計相場は、260万円とも言われています。
それに比べますと、葬祭費や埋葬料の給付額は微々たるものではありますが、やはりいただければそれだけ助かりますよね。

じつはこの給付の仕組みをご存じない方も多くいらっしゃいます。
給付は待っていてもらえるものではありません。申告制となっていますので、故人の死亡日から2年以内に申請を行う必要があります。
後回しにしているとうっかり忘れてしまう...なんてこともあり得ますので、他の申請とともに早めに行うのが良いでしょう。

■国民健康保険被保険者の場合
国民健康保険の被保険者がなくなった際には、葬祭費が支給されます。
支給の額については各自治体により異なりますが、平均で3万~5万程度になるようです。

■健康保険(社会保険)の被保険者の場合
社会保険の被保険者が死亡した場合、被保険者によって生計をたてていた方に埋葬料が支給されます。
埋葬料の支給額は一律5万円とされていますが、加入の健康組合によっては、埋葬料とは別に埋葬附加金として数万円支給されることもあるようです。

■労災保険から支給されるケース
業務上の死亡、または通勤災害で死亡した場合は、健康保険からではなく、労災保険から葬祭料、葬祭給付が支給されます。
この場合の給付額は、315000円に給付基礎額の30日分を足した額になりますが、給付基礎費額の60日分に満たない場合は、60日分が支給されます。

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar