死亡保険金支払い請求

死亡保険金支払い請求

殆どの方が生命保険に加入していると思いますが、ご自身の加入している生命保険の内容を正確に理解している方はどのぐらいいるでしょうか?

もし自分に万が一のことがあった際に、残された家族のことを思うと、やはりこのあたりをきちんと管理しておくことはとても大切なことだと思います。

もちろん誰もがそうは感じていると思いますが、なかなか自分の死を意識するのは難しいものですね。
斯く言う私も、保険の内容どころか、いったいいくつの生命保険に加入しているのかも把握していません。
一度きちんと!

さて、生命保険の死亡保険金を受け取るまでの手順をご案内します。

■保険証券の確認
故人が加入していた生命保険の保険証券の内容を確認します。

■死亡保険金支払い請求書の請求
保険証券を手元に置いた状態で保険会社に連絡をします。死亡の事実を伝えると、オペレーターが案内をしてくれるはずですので対応します。
数日で保険会社から死亡保険金支払い請求書が届きます。

■保険会社へ保険金の支払を請求
届出人は法定相続人か受け取り指定されている人です。
必要書類は次のとおりです。
・死亡保険金支払い請求書
・保険証券
・死亡診断書または死体検案書
・亡くなった方の除籍抄本
・受取人の戸籍謄本および印鑑証明
・印鑑
各保険会社により、必要書類は若干異なることがありますので確認してください。

■死亡保険金の支払い時期
自殺、医療事故、不審死、他殺などの場合、死亡保険金の支払い時期が延びることがありますが、通常の場合は5日以内に支払われることが多いようです。

前述の特殊なケースの場合で、届出人と保険会社で保険金の支払いをめぐるトラブルになるケースもあります。
稀なケースではありますが、この場合は必ず専門家に相談するようにします。

死亡保険金の請求は、故人の死亡日から2年以内にしなくてはならないことになっています。
うっかり、ということはないとは思いますが、ご家族が把握していない生命保険や傷害保険、医療保険などもあるかもしれませんので、故人の持ち物などを確認する必要はあるでしょう。

■ 神奈川の葬儀

 

Calendar