初七日法要とは

初七日法要とは

初七日法要は、東日本では故人が亡くなった日から数えて7日目、西日本では故人が亡くなった日の前日から数えて7日目に行うのが一般的だと言われています。

つまり、葬儀、火葬、骨上げが済んでからおよそ数日後のことです。
しかし、一度集まっていただいた親族などに、初七日に日にまた集まっていただくのも大変です。
そこで、初七日法要は葬儀の当日(通常は骨上げ後の還骨勤行のあと)に行われることが一般的になってきました。

骨上げ後、ご遺骨が自宅に戻りましたら、後飾り壇(小さな祭壇を準備します)にご遺骨を安置します。
その際、僧侶に還骨勤行の読経をしていただき、そのまま初七日の法要を行います。

その後は精進落しの振る舞いといって、僧侶や葬儀関係者(世話役、お手伝いの方など)の労をねぎらう宴を行います。
精進落しという名の通り、ここでは精進料理ではなく、肉料理や魚料理も振る舞われます。
遺族は末席に座り、一人一人に酒などをすすめ、労をねぎらうのです。
精進落しの振る舞いを行わない場合は、折り詰めやお礼の金銭などで宴に変えることもあります。

ところで、初七日とはどんな日なのでしょうか。

初七日は、亡くなった方が三途の川のほとりに到着する日だとされています。
この後故人は三途の川を渡るのですが、生前の行いにより渡る川の流れを、激流、急流、暖流に分けられるのです。この裁きの日が初七日です。
また、三途の川の三通りある渡り方は、橋、船、泳ぎとされることもあります。

故人が暖流や橋や船で渡ることができる様にご供養するのが初七日法要というわけです。

その為の渡し賃として六文銭を持たせているわけですが、お金を払えば誰でも船に乗せてもらえるわけではないのですね。
多分、偽銭だからです・・・。
また、船で渡っても四十九日かかるのですから、三途の川はとても広い川だと想像できます。
そんな川を泳いで渡らせるわけにはまいりません。
是非、十分なご供養を差し上げて、故人には無事に彼岸にたどり着いていただきたいものです。

地域別葬儀情報・東京都23区
葬儀 千代田区  葬儀 中央区  葬儀 港区  葬儀 新宿区  葬儀 文京区  葬儀 台東区  葬儀 墨田区  葬儀 江東区  葬儀 品川区  葬儀 目黒区
葬儀 大田区  葬儀 世田谷区  葬儀 渋谷区  葬儀 中野区  葬儀 杉並区
葬儀 豊島区  葬儀 北区  葬儀 荒川区  葬儀 板橋区  葬儀 練馬区
葬儀 足立区  葬儀 葛飾区  葬儀 江戸川区

 

 

Calendar