四十九日法要の流れと準備

四十九日法要の流れと準備

死後、7日ごとに閻魔様の裁きを受けてきた故人。
その最後の審判の日が49日目にあたります。
忌中の汚れが落ちたとして、盛大にお祝いするのが四十九日法要です。

この最後の審判のために、ご遺族は追善供養を行ってきましたので、故人は無事に極楽浄土へ召されていらっしゃることでしょう。

こう言っては仏教を信仰されている方に失礼ですが、子供向けとも言えるこのストーリーが四十九日のいわれです。

しかし、宗教の教えはとても奥深く難儀であるために、時にこの様な分かりやすいお話として説かれています。
故人の死後、故人やご先祖様を尊ぶ習慣をご供養により身につけ、四十九日あたりで故人の死に一応の決着をつけるように...
との教えなのかな?と個人的には理解しています。

さて、四十九日の法要は、葬儀後初めて一般の方もお招きして行う法要になります。
また葬儀の次に大きな法要とも言うことができます。

そのため、ご遺族の準備も多岐に渡ります。

・納骨するお墓を用意します。
・仏壇および本位牌を用意します。
・法要の案内状を手配します。
・法要後の会食(お斎)の手配をします。
・菩提寺に法要のお願いをします。
・引き出物の手配をします。

法要当日は、菩提寺より僧侶をお招きし、読経や四十九日についての説法を頂戴します。
その後、ご遺族や参列者により焼香が行われ、続けてお墓に向かい納骨となります。
お墓が遠方の場合などは、納骨は省略され、当日または後日ご遺族のみで行うこともあります。
また、仏壇を新たに購入した場合は、同時に開眼供養を行い、用意した新しい本位牌に御魂を入れていただき、仏壇に納めご供養の対象とします。

法要が終わりましたら、参列者に飲食を振舞います。これをお斎(おとき)と言い、参列へのお礼に代わるものとして一般的です。

最後に、喪主がお礼を兼ねたご挨拶をし、四十九日の法要が終わります。

今まで、後飾り壇の上にあったご遺骨がなくなり、後飾り壇も片付けられます。
少し寂しさをお感じになる時ではありますが、同時に、静かに元の生活を取り戻す時であるとも言えそうですね。

■ 横浜、川崎の葬儀
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar