仏壇購入の際のポイント

仏壇購入の際のポイント

そうだ、仏壇を買おう!
そう思い立った際には仏具屋さんに出かけることになろうかと思いますが、実際に行ってみますと、どれを選んでよいものやら分かりません。
大きさ、形、タイプ、実に様々だからです。
少し知識をもって出かけないと、悩むことになりそうですね。

まず大切なのは、ご自身に信仰する宗教や宗派があるかです。宗派によっては独自の仏壇仏具を勧めているところもありますので、まずはご確認ください。

仏壇には、伝統的な形の唐木仏壇、洋間などにもマッチする家具調仏壇、漆塗りに金箔加工を施した金仏壇など、様々なものがあります。ご位牌のみを納めるお厨子もあります。
お部屋の構造やなどから、ご自宅に合う仏壇を選ぶようにします。

仏壇を購入する際には、仏壇の他に、りん、香炉、燭台、花立などを一緒に準備し、仏壇の中や周辺に配置します。

その他、ご本尊を準備しますが、ご本尊は信仰する宗派によりまったく違いますので注意が必要です。
仏像であったり、掛け軸であったりしますので、宗派に合うものを選びます。
なお、ご本尊に関しては、仏具屋さんでは購入できないことがほとんどですので、宗派の僧侶に相談するようにします。

無宗教の方がご本尊を選ぶ際には仏像を選ぶのが良いと思います。
釈迦如来、大日如来、などの仏様が一般的でしょうか。

また、初めて仏壇を購入する場合には、菩提寺にお願いし、ご本尊とご位牌に対して御魂を入れていただきます。
御魂をいれていただいて初めて礼拝の対象となるのです。
それがないと、ただの仏具に手を合わせていることになってしまうそうですので、頭に入れておきたいですね。

特に信仰する宗教のない私も、自宅には仏壇を用意し、手を合わす習慣を子供たちにも教えています。
心の拠りどころとしても、こんなに頼もしいものもありません。
ピンチの際に、仏壇前に座り手を合わせることで、解決策が沸いてきた!なんて経験もあります。

信仰のあるなしにかかわらず、この様にご先祖様に手を合わせることができる場所をご自宅に設けることは、いろいろな意義があるのではないかと思います。

■ 横浜、川崎の葬儀

 

Calendar